403
パート3では

トレンドフォロー・押し目買い・戻り売りについて

お話ししました

今回のパート4では

利確&損切についてです







利確・損切りの決め方



410


前回までのロードマップ記事で

エントリーまではできるようになったと思います



今回は利確・損切りについてです

あくまで私個人のやり方なので

これが正解ってわけではないので

誤解のないようにお願いします






エントリーができたら

まずは損切りを考えていきましょう

2-16

アップトレンドと判断して

黄色の矢印でロング(買い)エントリーをしたとします

どこに損切りを入れたらいいでしょう?



もちろんここが正解です!!

ってことは言えませんが



直近安値の少し下くらいに

損切りを入れるのが

トレードでよく使われます

こんな感じ
2-16 2


損切りラインは2つ書きました

幅が狭ければいいのか広ければいいのかは

通貨やその時のボラによっても違いますが

シビアにいくなら狭く

緩くいくなら広く設定しましょう

どちらも一長一短あります





そして

損切りラインが決まってしまえば

利確ラインは決めやすくなります

簡単に言うなら

損切り幅以上の値幅を設定すればいいんです

2-16 3


損切りラインに対して

1:1なら水色の利確

1:2なら紫色の利確


になります


このように損切りラインを設定して

そこから1:1以上の位置に

利確を設定していきましょう






リスクリワードと期待値



402

損切りライン・利確ラインの決め方は

分かったけど

結局のところ

1:1  1:2 1:3 ・・・

どれがいいのかわかりませんよね??

もちろん単純にこの割合が大きくなれば

いいんですが

そうすれば勝率は下がっていってしまいます


自分のトレードを見直して

どのような割合がいいのか

考えていかなければいけないんですが

ここでリスクリワードと期待値ということを

知っていればかなり役に立ってきます

リスクリワードと期待値については

詳しく別の記事で説明してますので

その記事を読んでくださいね


リスクリワードと期待値


自分のルール



404


自分のリスクリワードと勝率を

見直していけば

自然と自分のトレードに対するルールが

できてきます



例えば

損切りは直近安値の少し下に設定して

利益確定は1:2で固定





損切りは直近安値の少し余裕を持った下に設定

利益確定は1:1以上にして

伸ばせるだけ伸ばす





いろいろできますよね

このルールは1例ですが

自分に合ったルールを見つけて

ルール通りにトレードしていけば

資金は増えますし

簡単に資金がすべてなくなることはありません






まとめ



208



あくまでも私のやり方ではありますが

エントリーから

損切りラインを設定して

損切りラインを元に

利確ラインを設定




トレードを振り返って

リスクリワードの見直し

ルールの見直し

これの繰り返しで

トレードの上達です



他にもエントリーの見直し

取引通貨の見直し

時間軸の見直し



いろいろ見直すポイントはありますが

少しずつ上達していきましょう










私が稼いでいる手法記事はコチラ

FXシンプル手法公開!!
ここをクリック!!
 







当ブログおススメ海外FX口座
口座開設なら
XMGEM
で決まり!!
※2つ開設しといてけば間違いなし!






XM口座開設はコチラ





GEM口座開設はコチラ








さらにタリタリ経由で
  お得にトレード


海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)





 


それでは

読んでくれたあなたに

 爆益あれ~

応援クリック
よろしくです

  
   にほんブログ村 為替ブログへ
  にほんブログ村